英語好きがD&Dの翻訳とDMを始めるとこんなブログを作る

D&Dの公式イベントAdventurers Leagueのシナリオを翻訳とDMをしています。

Stream of Annihilation まとめ

前回に引き続き、一日目のまとめサイトを翻訳します。前回の記事を読んでない方はまず、そちらからチェックすると良いと思います。

 

Update One: Tomb of Annihilation AND SPOILERS

・このストリームでは、このセッティング(The Jungle of Chult)を使って様々なキャンペーンが展開されましたが、冒険に関してはスポイルすることはありませんでした。

Cartoon NetworkのAdventure Timeのクリエイターとして知られるPendleton Wardはクリエイティブな執筆のトップにいる人物で、それは、NPCとの交流の複雑さをうまく描いている事に繋がっている。

・古く、そしてクレイジーなクリーチャーで満ち溢れているChultは、孤高の自然、失われた街、そして失われた大陸という側面を、D&Dアーカイブスより引っ張り出してきた。例えば、狂乱するサイキック・コアラ、The Zorbo等。The Zorboに関してはMM 1eからの復活である。

首都は、すべて小さい街であり、undead dinosaursによって支配されている。

Meat Grinder mode: これはChris PerkinsがDMを行ったMeal Grinderにて採用されたルールであり、それは死亡セーブが15以上で成功という難易度の高い設定(訳注:通常は10以上で成功)である。Acererakにより、蘇生魔法が混乱させられており、死はよりデッドリーなものとなっている。

Explorationは、冒険において非常に重要度が高い。Sandboxをテーマとしている。

NPCとの交流の複雑さが強調されている(ジャングルへのガイドと共に、Grungsのようなジャングルに生息するクリーチャ等)

・このキャンペーン設定は孤高の島(islandというよりpeninsula)という側面から、他のセッティングスへコンバートしやすい。しかしストーリーを書き上げたChris Perkinsは、これは独自のセッティングを製作する目的でデザインしたと話す。これはDM自身が各々のストーリーラインをこの島を創造できるツールとして利用できる。つまり、この島は汎用性が高くオリジナリティな島をカスタマイズしやすく出来ている。例えば、プレイヤー達は海岸地方から開始するが、ジャングル内部からではいけないというワケではなく、DMが内部アドベンチャーを作成することもOKにしている。

 

Update Two: Neverwinter 

筆者がプレイした事がないため、割愛

 

Update Three: Wizkids

WizKidsインタビュー。

・Tomb of Annihilation Minis setsは、pterafolkやマスクをかぶったゴブリン、4本腕のガーゴイル、Acererak、invisible Acererak等、44体の関連したminisを含む。そして、石棺やグリーンデビルの像、ポータル等のセットもある。中にはグリフの掘られた石の生贄台等もある。

・Tomb of Annihilationボードゲームがアナウンスされた。これは、Wrath of Ashardalon, Temple of Elemental Evilと互換性がある。中にはプレミアなバージョンのペインテッドminisが入っている。これまでRPGをプレイしたことがない人向けの簡易なRPGバージョンである。

・Tomb of Annihilation版のダイスマスターが出る。

 

Update Four: Dice Tin and Matt Mercer

・9月辺りで、Tomb of Annihilationの特徴を持つグリーンデビルの頭にちなんだ新しいdice tinをリリースする。このダイスはジャングルグリーンの色である。

・Grungをraceとしてプレイできる可能性があるが確実ではない。想像するに公式のストリームで使用するハウスルールで登場するのではないかとのことだ。

・Force Greyシーズン2が撮影に入っている。

 

Update Five: Picutures and D&D Beyond

ToAボードゲーム

ToA Icon of the Realms Tomb and Trap set

ToA Dice Set

D&D Beyond (DDB)は、簡単にすべてのルールブックにphone、タブレット、PCからアクセス出来るよう再補強した。ルールブックのデジタルコピーは全体的に、アートも含めて網羅される。

DDBベータはフェーズ2がリリースされ、それは今月である。そしてキャラクターシートに関連した(単純に、アーマークラス、ヒットポイント、そしてスペルスロットの変更等)情報も含まれる。

・ベータ版のフェーズ3はハウスルール構成を盛り込み、統合する。フェーズ1から2に移行する以上に早く3へ移る予定である。

・フェース3ではDM toolを盛り込む予定であり、キャンペーンマネージャー、遭遇ビルダー、戦闘トラッカーなどである。

・100,000以上の人々がD&D Beyondにサインアップしている。

Matt Mercerの声による発音ガイドが網羅される。これは、 Firbolg, Genasi, そして、Tarrasqueなどに与えられる。

 

内容は、以上です。ワタシ的にそれほど興味のない部分は、書いておりません。また、上記には記載されていませんが、Xanathar's Guide to Everythingという、Volo's Guideに対抗した本の内容がSNS上で展開されました。というのも限定版Volo's Guideの表紙に似せて、Xanathar's Guide to Everythingという金のラインで構成された額縁が飾ってあったシーンが移りました。Sword Coast本か毎年11月頃に、これらサプリメントが登場します。ひょっとしたら、今年は上記かもしれません。またXanatharが、フェイルーンでベストセラーとなったVoloの本に嫉妬して書かれた本という背景があると噂されています。

 

では、明日も気力があれば、2日目のまとめを書こうかと思います。