読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語好きがD&Dの翻訳とDMを始めるとこんなブログを作る

D&Dの公式イベントAdventurers Leagueのシナリオを翻訳とDMをしています。

5e日本語化決定と、Tales from the Yawning Portal

大変遅くなりましたが、Wizardsは5eの多言語展開に関しての表明を発表しました!夏過ぎから続々と翻訳が始まるようですが、まだ日本では正式にどの代理店がやるのは発表されておりませんが、日本語も含めて多言語版をリリースするという発表は、これまで英語版のみで、5eに抵抗のあったD&Dファンにとって朗報だったに違いありません。この日本語版発売をきっかけに多くのプレイヤーさんが、5eの面白さを知ってほしいと願っています。

また3月末より、シーズン6となるTales from the Yawning PortalがALでも開始されました。ただ、今回のシーズンは非常に短く、DMs Guildでpdfがリリースされるのは5月から。AL用のモジュールはたった3つのみという状態ですが、こちらも楽しみです。すでに1レベル用のSunless Citadelはざっと読みましたが、なかなかストーリーは楽しいものになっています。ダンジョンクロウルものなので、広大なマップとの戦いですが、プレイする機会がありましたら、懐かしのダンジョンを5eで楽しんでみてください。

私のDM活動はしばらくStorm Kingのシナリオを展開しています。特に1st tierのストーリーが秀作が多く、夏の終わりくらいまでかけて、このストーリーを完結させたいと思っています。2nd Tierは1stのと比べて、うーんと言わざるを得ませんが、最後のモジュールが先日リリースされました。ライターは、Greg Marksでシーズン1の名作、Shadow on the MoonseaやTyranny in Phlanを書いた人で期待しています。実は私もDLまではしたのですが、Sunless Citadelと同時だったため、Gregのシナリオまではまだ手をつけられていません。後でのお楽しみにしています。

 

それでは、次回はTYPの最初のシナリオのレビューでもしてみたいと思いますが、しばらくSKTのシナリオを展開するので、その感想を入れるかもしれません。