英語好きがD&Dの翻訳とDMを始めるとこんなブログを作る

D&Dの公式イベントAdventurers Leagueのシナリオを翻訳とDMをしています。

Pathfinderと英語

最近、久々にPathfinderのルールを読んでいます。5eがリリースされる前、私はPathfinderを結構遊んでいた事が4eに比べて多かったです。というのも、元々このTRPGの世界に戻ってきた要因となったは、このPathfinderだったからだ。たまたまその頃の知り合いのオーストラリア人からTRPGをやろうと話をもらい、あまり考えずに遊びに行った時にプレイしたのがこのPathfinder(以下、PFRPG)だ。今ほどサプリメントが充実していたわけではなかったが、当時は4eと分断するほど海外では人気があり、私はたまたまこちらのPFRPG派だったグループのところにお邪魔したというわけだ。

最初はさっぱり意味が分からなかったけど、その後は当時出ていたほとんどのサプリも目に通したし、世界設定もしっかりとした独自の世界を持っていて、最終的には、PFRPGの世界が好きになっていました。ただ、中でも一番感動したのは、使われている英語の読みやすさでした。特に最近ずっと読んでいたビギナーボックスの英語は本当に優れていて、アートワークやフォントサイズ等、全体的にとても読みやすく、5eのスターターセット以上に読みやすいと言えます。近日、日本語版が出るという話だが、特にこのビギナーボックスに関して言えば、日本語に翻訳されても、この読みやすさを失わないでほしいという個人的な希望を持っています。

私がPFRPGを知ってから、もちろん、有志の方が素晴らしい翻訳をしているサイトもすぐに知ることとなりました。しかし、恐らく日本語版3.5eからの歴代のファンの方はあのテキスト構成が馴染みのあるもので全然問題なく読めるのだろうが、あれほど簡単だと思っていたPFRPGがローカライズされると、非常にUnfamiliarな日本語になってしまい、結局私のような歴の浅いプレイヤーには敷居が高く感じ、最終的には英語のほうが読みやすく、PRDJの日本語を理解する作業に入る前に挫折して、しばらくは英語だけでプレイしていたゲームとしても思い入れが強いです(もちろん、これは私個人の認識の低さによる事が問題で、PRDJ有志の方のサイトは本当に素晴らしい仕事をしています)現在は、Rise of the Runelords(以下、RotRL)を読んでいますが、こちらも非常に英語が読みやすく、英語学習者には音読教材としてお勧めしたい(?)ほどです。例えば、最初のChapter Backgroundsを読んでも、固有名詞を除いては、難しい単語は3~4つほど。固有名詞は英語スピーカーでも始めて読む時はアテンションするし、まあ大概はその後に説明が書かれる事を考えると、辞書を引く回数も減るし、そういった意味でもPFRPGはすごいな~と感じます。ただRotRLは、ビギナーボックスに比べてフォントが小さく一見「うっ!」となります。しかし、読み始めると割りと夢中に3ページくらいは読んでしまう感じです。これは英語の読みやすさだけではなく、ストーリーとしても楽しいからであることは言うまでもありません。

そしてPFRPGは、私が始めてDM(PFRPGではGMと呼ばれている)をやったTRPGとしても非常にメモリアルであり、ビギナーボックスに入っているDMツール一式が今でも私のDMツールの一部となっています。

5eが発売されてからずっと5eばかりやっていて、PFRPGをしばらく本棚へ閉まっていたけど、PFRPGは結構好きなシステムなので、今年は地味にしばらく遊んでいこうかなと考えています。

 

さて、ALのモジュール話を少しだけ書いておきます。今月頭にリリースされた3本のシナリオの1つで、1st Tierの話は完結しました。特に年明けから出ていた後半3本が面白く、こちらもGW辺りから開始していく予定です。お店のほうはハードカバー版を進める予定なので、しばらくはSKTストーリーラインを堪能していく予定です。