英語好きがD&Dの翻訳とDMを始めるとこんなブログを作る

D&Dの公式イベントAdventurers Leagueのシナリオを翻訳とDMをしています。

About Storm King's Thunder, and Adventurer's League Regulation

ブログ開設はしたものの、更新もせずにずっと放置してしまった。

気を取り直して、このブログを更新していこうかと思います。

 

今年の夏、シーズン5となるStorm King's Thunder(以下、SKT)が開始されました。そしてAdventurer's League(以下AL)も、前シーズンのStrahdシナリオが終了して、SKTのシナリオへと移行しました。

今回のSKTの特徴は、ジャイアントがメインとなるストーリーラインであり、舞台も含めてスケールの大きな展開をしていきます。ハードカバー版SKTは、Sword Coast全体を舞台にストーリーが展開します。しかし、今回紹介したいのは、AL版のSKTシナリオのほうで、実はこのシーズンより舞台が変わりました。

これまで、シーズン1~3まではMoonsea地域を舞台に展開してきました(シーズン4のCurse of Strahdは舞台がそもそも別の設定なので除く)が、シーズン5からは、ハードカバー版と同じように、Sword Coastを舞台にしています。

そして、もう一つの特徴は、シーズン1や2の続きの設定になっていて、シーズン1のthe Cult of the Dragonが暴れていた後の設定となっている点です。また、シーズン2(Elemental Evil)に登場したエレメンタルカルトの足跡も所々に散りばめられています。AL版のシナリオの良いところは、そのシナリオで5eを始めて遊ぶ人でも充分に楽しめるようになっていて、かつこれまでのシーズンのシナリオを楽しんでいる人もよりストーリーを深く知ることが出来て、楽しめるようになっています。前シーズンの足跡に関しては勿論、ハードカバー版SKTでも同様に入っています。

 

さて、ALをあまりご存知ない方もいるかと思いますので、少しALに関して書いておこうかと思います。

ALの大きな特徴は、始めて参加するプレイヤーのキャラクター(Player Characterと言います、略してPCと記載します)はレベル1から参加となります。その1レベルPCのその日の冒険で得た経験値を、キャラクターログシートというシートに記載してDMのサインを貰います。次回自分のPCのキャラクターシートと、そのログシートを持参する事で続きを遊ぶことが出来て、PCを成長させるシステムになっています。

またシナリオは、全部で4段階のレベル帯が決められています。例えば、Aというシナリオはレベル1~4向け、Bというシナリオは5~10レベル向けといった感じです。この段階は、下記のように決められています。

第一段階(1st tier) 1~4 レベル

第ニ段階(2nd tier) 5~10 レベル

第三段階(3rd tier) 11~16レベル

第四段階(4th tier) 17~20 レベル

1レベルのPCが4レベルまで上がると、各冒険毎に獲得出来るダウンタイムを消費して5レベルへ上げることが出来ます。そうやって次の段階の冒険へ進むことが出来ます。ALのレギュレーションの難しいところは、この2段階目以上のシナリオにAL始めてのプレイヤーの方を参加させられないネックがあります。

ですが、RPGの特徴であるレベルアップをこのような形で楽しむようになっています。

 

話はSKTシナリオに戻りますが、実は先日ALシナリオの後半(2017年の1月~4月)の10シナリオの要約がアナウンスされたのですが、今回は、初めてこの第四段階のレベル向けシナリオがリリースされます。

 

次回は、このALのSKTシナリオの詳細を書こうかと思います。